フード・アミューズメントで募集しているラウンドパンの求人情報|横浜の転職求人サイト【横への転職】

ラウンドパンの説明

ラウンドパンの社長とは?

どんな人?

清水三太郎、この人がラウンドパンの社長であり、全国80店舗を誇る大型アミューズメント施設の総責任者です。その風貌は逞しく、喋りは明快、頭の回転は速く、トレードマークの黒ふち眼鏡が光るダンディーな男です。日本一の遊園地、「ネズミーランド」の総責任者の小林昭雄とは旧知の中で、元々同じ会社で学んだ同期だという事です。同じ釜の飯を食って同期30人と一緒に5年間会社での仕事を学び、成長してきた仲ですが、デスク仕事で席が離れていたためそんなに絡むこともなかったそうです。お互いの存在を認識したのは20年後、共に独立してアミューズメントの世界で生きていた時に存在を知り、ライバル心を頂いたそうです。そこから2人の友情は始まり、今では安い地元の居酒屋に飲みに行く程の中になったそうです。二人ともお金は腐るほど持っていますが、高級な料亭に行くよりも安い居酒屋で飲むのが好きで、そういう所も気が合ったのかよく絡むようになったそうです。

 

働いている清水慶介について

なぜ一般派遣で働いているの

メリット

ここは親父の会社で私は無理やり働く事になりました。ずっと親父に反抗して来ましたが、暴走族になって好き放題やって大変な目に遭いました。そういった経緯があり親父の会社で無理やり働く事になったんですが、せめてもの抵抗として一般派遣という位置づけで働く事にしました。

横浜の転職求人サイト【横への転職】